NAGへの志望動機/NAGに入社したきっかけ
子どもの頃は「いたづら」や「工作」・「探検」が大好きで、毎日新しいアソビを勝手に創って遊んでいました。大学で4年間福岡を離れ、あらためて福岡が好きだなぁと感じたことと、子供の頃のように仕事でめいっぱい遊びたいなと思って選びました。
あなたは現在どのような仕事をしていますか?
全国各地で絵本「こびとづかん」のキャラクター使用ライセンスを使ったイベントや、東京ドームシティで水浸しになって遊べる遊び場「わくわくウォーターガーデン」、福岡では夏の「天神涼園地」、冬の「天神のクリスマスへ行こう」など様々なイベントを企画から製作・実施するという仕事をしています。
これまでの仕事で一番印象に残っていることは?
最近でいえば、妖怪ウォッチのフルラッピング電車を走らせたことでしょうか。発案段階では本当にやれるという確信は全くありませんでしたが、ひとつひとつ課題をクリアしていって協力者を増やしていくと、結果的には最初の構想以上のことができてしまったりするんですね。
休日の過ごし方を教えてください。
工具・建材などを物色し、なにを創ろうかなー、、、と妄想を楽しんでいます。あとは地元のめちゃくちゃ安い「カラコロ亭」というお店で野球の仲間と飲んでますね。
NAGの好きなところ/NAGの嫌いなところ
好きなところは、平日はもちろん、休みの日でも社員同士でスポーツしたり遊びに行ったりお酒を飲んだりと、ほんとに社員みんな仲がいいところです。これはよく取引会社の方からも言われます。みんなで楽しいことを企てる気持ちとそれをみんなで楽しむ社風は他社と比べても特別強い部分だと思います。
「こんな後輩が欲しい!」どんな後輩?
"やんちゃ坊主"を絵に描いたような後輩。おもしろいこと(とか悪いこと)を考えさせたら天下一品で、それがうまくいったときに「ひひひやったね!」と一緒に笑えたら最高です。
今後の目標や目指すもの、やりたいこと。
自分が持ちうるあらゆる情報やネットワークとアイデアで、クライアントのむつかしい課題を次々と解決に導きたいです。できれば誰も考えたこともやったことないことで・・・。
学生に向けてのメッセージやアドバイスをお願いします。
どんな業界を選んでも大変だったりめんどくさかったり、嫌な仕事もたくさんあります。でも、そんな状態から抜け出して仕事を楽しくするきっかけはちょっとしたアソビゴコロだったりします。仕事にアソビゴコロを常に足しながらやっていけば、そのうちだんだん楽しい仕事が自分の周りに集まってきます。